ページの先頭です

2019年度 クライアントファースト マイスターについて

フィデューシャリー・デューティーの実践に向けた社内制度について

みずほ信託銀行は、お客さまへの適切かつ適確なコンサルティングを通じてフィデューシャリー・デューティーを実践し、高い支持をいただいたFC(フィナンシャルコンサルタント)をクライアントファースト マイスターに認定しています。

2019年度 クライアントファースト マイスター認定者の声

大谷 修太

大谷 修太

一人ひとりのお客さまとの面談の機会を大切にし、お客さまに一つでも多くの「価値」を提供できるよう取り組んでいます。大切な資産の承継の相談をしていただくお客さまに「面談して良かった」と思っていただけるよう、専門知識の習得に努めていきます。

関口 祐子

関口 祐子

常にお客さまに寄り添い、お客さまにとって一番の解決策を提案できるよう、日々努力しております。信託銀行を「気軽に相談できる存在」としてより身近に感じていただき、何世代にもわたっておつきあいさせていただけるような担当者を目指して自己研鑽に励んでまいります。

内藤 千春

内藤 千春

お客さまのお役に立ちたいという想いで、お客さまのお悩みを伺い、グループ全体でどのようなお手伝いができるかをいつも考えております。お客さまにお困りごとがあれば、まずは私に「聞いてみよう」と思っていただけるような頼れる存在になるべく、精進してまいります。

西川 貴之

西川 貴之

お客さまの貴重なお時間を頂戴している事を意識し、「最適な提案は何か」を常に考えています。また、知識の幅と深さを広げ、お客さまのあらゆる課題に対応できるように成長し、「担当してもらって良かった」とおっしゃっていただけるよう取り組みます。

福井 郁子

福井 郁子

お客さまのご意向に沿ったご提案をさせていただくよう努めています。また、お話しいただいたことに加え、「もっと良い提案はできないか」と違った目線でのご提案も考えています。お客さまに、次回以降もまた、私に相談したいと思っていただけることが目標です。

ページの先頭へ