ページの先頭です

不動産の鑑定評価

「不動産の評価額を知りたい」・・・株式などと違って、明確な取引相場のない不動産の評価額を正確に把握するには、専門的な知識が必要となります。

みずほ信託銀行は、土地・建物の評価のみならず、権利関係が複雑な物件や、賃料・借地料、時には機械・設備も含めた工場財団の評価など、高い品質で多様なお客さまのニーズにお応えいたします。

不動産鑑定評価書はこのようなときに活用されています

  • 売買の実行にあたって
    不動産売買の実行にあたって、売買価格の妥当性を判断するために、鑑定評価書を活用することがあります。専門家による客観的な評価額を参考に売買の実行を検討することも時には重要です。特に、不動産の交換や資産承継対策等の一環で、会社とその役員で不動産を売買する場合、親族間で売買する場合などは、客観的な水準で売買価格を設定することが、税務上も大切になってきます。
  • その他協議・交渉を行うにあたって
    相続財産の分割や、地主と借地人との地代交渉などを行うには、より専門的な知識が必要であり、また交渉が難航するとトラブルに発展する事例も多いようです。こんなときに、不動産鑑定士(補)はよき助言者として力を発揮し、鑑定評価書は難しい交渉を円滑に進めるための大きな材料となります。

お問い合わせ/資料請求

ページの先頭へ