ページの先頭です

運用担当者が語る『貯蓄の達人』の魅力とは

運用担当者が語る『貯蓄の達人』の魅力とは

「貯蓄の達人」は2002年の
販売開始以来多くのお客さまに
ご愛顧いただいております。

実績配当型の金銭信託 貯蓄の達人 金銭信託(予定配当率固定型)

実績配当型の金銭信託「貯蓄の達人」は、2002年に販売を開始して以来多くのお客さまにご愛顧いただいております。
2013年3月に元本残高1兆円を突破しました。
満期を迎えた定期預金など「ゆとり資金」の「次の運用」として、なぜ多くの方が「貯蓄の達人」を選ぶのか、その理由をご紹介します。

「貯蓄の達人」運用担当
みずほ信託銀行 信託ファンドマネジメント室長 宗近 元

コンテンツ

  • 「貯蓄の達人」は「安全性」と「収益性」のバランスを重視した運用により、元本残高約1兆3000億円、約16万人にのぼるお客さまにご愛顧いただいております。(2018年2月末時点)
  • 「貯蓄の達人」は、主な運用対象である信託受益権に含まれる債権が小口分散されることで、元本割れのリスクが少なくなるよう配慮されています。
  • さらに安全性に配慮した仕組みとして、「貯蓄の達人」では、優先受益権を運用対象とする"優先劣後構造"を設けています。
  • 安全性指標となるファンド信用格付けは「Afc」。ファンドの運用資産の平均的な信用力がAの債券と同程度であると判断されるファンドの格付け水準です。
  • 安全性への配慮に加え、みずほ信託銀行の一般的な預金商品の金利よりも相対的に高く設定された予定配当率も「貯蓄の達人」の魅力のひとつです。

ご注意ください

ご注意ください

当ファンドには元本割れなどのリスクや手数料などの費用等、商品性にかかわる注意点がございます。 必ずこちらの「リスクについて」「費用について」「その他ご注意事項」をあわせてお読みください。

  • この商品は、金利変動リスクや、信用リスク等により損失が生じ、元本割れとなるおそれがあります。
  • 預金とは異なります。元本および利益の保証はありません。
  • 預金保険、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 詳しくは商品説明書(目論見書)をご確認ください。
ページの先頭へ