ページの先頭です

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問

Q 「想いの贈りもの」には元本保証はありますか。

「想いの贈りもの」には、元本保証があり、預金保険の対象です。
預金保険制度について、くわしくは金融広報中央委員会ウェブサイト「あなたの預金を守る預金保険制度」をご覧ください。

Q 「想いの贈りもの」を申し込むにあたり、手数料はかかりますか。

信託設定時および信託期間中の事務・管理の手数料はかかりません。信託金は、元本保証の指定金銭信託(一般口、5年以上)で運用し、安定的な管理と運用を行います。指定金銭信託(一般口)としての運用報酬をお支払いいただきますが、運用報酬は、計算期日に合同運用財産について生じた利益から支払われるため、お客さまが個別にご負担いただく必要はありません。

Q 「想いの贈りもの」は、いくらから申し込むことができますか。

500万円以上1円単位でお申し込みいただけます。

Q 追加信託はできますか。

できます。ただし、追加信託の信託金額は5,000円以上1円単位のお申し込みとなります。

Q 申し込み時に、受取人(贈与を受ける方)をすべて決めておく必要はありますか。

すべて決めていただく必要はありません。お申し込み時には、お受取人を必ず1名以上ご指定いただき、ご契約後に、当行所定の手続によりお受取人を追加・変更することができます。

Q 受取人(贈与を受ける方)には、だれを指定することができますか。

委託者さまの3親等以内のご親族から、複数ご指定いただけます。

Q 受取人(贈与を受ける方)は、何人まで指定できますか。

3親等以内のご親族であれば、何人でもご指定いただけます。

Q 「想いの贈りもの」は、贈与できる金額に上限はありますか。

上限はありません。ただし、贈与金額はお受取人お一人あたり、1回10万円以上1万円単位となります。

Q 未成年の子や孫に贈与できますか。

できます。この場合、親権者さまにお手続きいただきます。
なお、お子さまやお孫さまが成人になられた際には、通帳や印鑑はお子さまやお孫さまご本人に管理していただく必要があります。

Q 贈与税の申告は必要ですか。

1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円を超える場合は、贈与税の申告および納税が必要となります。

(2015年11月30日現在)

ページの先頭へ