ページの先頭です

2018年度 クライアントファースト マイスターについて

フィデューシャリー・デューティーの実践に向けた社内制度について

みずほ信託銀行は、お客さまへの適切かつ適確なコンサルティングを通じてフィデューシャリー・デューティーを実践し、高い支持をいただいたFC(フィナンシャルコンサルタント)をクライアントファースト マイスターに認定しています。

2018年度 クライアントファースト マイスター認定者の声

小野 広和

小野 広和

お客さまはそれぞれ課題や考え方が異なりますので、お客さまに合ったご提案ができるように専門分野の知識習得に励んでいます。お客さまにご満足いただくために、タイムリーな情報提供ができるよう、新しい情報にもアンテナを高く保つようにしております。お客さまのお役に立てる担当者になれるよう、これからも日々努力します。

早乙女 裕輔

早乙女 裕輔

お客さまに対して責任と覚悟を持って対応できる担当者でありたいと考えています。お会いするお客さま本人はもちろん、ご家族や次の世代に至るまで、私の提案が、みなさまの「幸せ」のきっかけになって欲しいとの思いです。信託銀行を今以上に身近な存在と感じていただき、一人でも多くの方に「<みずほ>のファン」になっていただけるよう、全力を尽くします。

内藤 千春

内藤 千春

お客さまとともに課題を見つけ出し、その解決方法をご提案しております。そのために、お客さまのお話をよく伺い、お客さまのことをよく知るように心がけております。ご提案時には、グループ全体を活用した幅広いサービスのご提供ができるように努めております。また私に相談しようと思っていただける担当者を目指します。

松田 さおり

松田 さおり

しっかりとお客さまのお考えを伺い、お客さまのお悩みを解決するために日々取り組んでいます。また、ご提案する際には、お客さまにいかに分かりやすくお伝えすることができるかを常に考えています。今後も、お客さまのお気持ちに寄り添い、お客さまから信頼される担当者を目指し、精進します。

三輪 奈央

三輪 奈央

お客さまからご提案の機会をいただくことに常に感謝しています。遺言信託など、お客さまにとって「一生に一度」のご相談をしていただくこともあるため、常にお客さまの立場に立って考え、分かりやすくご説明できるように心がけています。これからも、お客さまにとってまずは私に聞いてみようと思っていただくために、より良いご提案ができるように努力します。

ページの先頭へ